武田歯科医院 - 埼玉県川越市 :: 川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

武田歯科医院

川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

電話番号 049-248-4618

ムシバ治療 歯周病治療 歯周審美形成外科 入れ歯 インプラント こども歯科

2009年05月22日 歯間乳頭を保存するための切開  その5

「チタン強化膜を用いたヒト骨内欠損の歯周組織再生療法についての比較臨床試験」

Periodontal Regeneration of Human Intrabony Defects with Titanium Reinforced Membranes~A Controlled Clinical Trial~

Cortellini P, Prato GP, Tonetti MS
J Periodontol 66(9) 1995 797-803

術後1週間はテトラサイクリン 250 mg / 日を処方し、0.2% クロルヘキシジンによる含嗽 2回 / 日をおこなってもらったとのことです。

GTR膜を使用した手術は膜の露出が起こる可能性があります。術後の膜の露出率は以下の通り。
改良型歯間乳頭保存切開 + titanium reinforced(TR)膜では、症例の2割が露出しました。
歯槽頂切開 + 従来型ePTFE膜では、症例の6割が露出したそうです。
いずれの症例も6週間後に膜を除去したそうです。尚、改良型Widmanフラップ群はGTR膜を使用していないので露出はみられません。

細かい数字は省略しますが、結論として改良型歯間乳頭保存切開 と TR膜との併用群は他の2群と比較して有意にクリニカルアタッチメントレベルを獲得したそうです。比較している対象が全然違うじゃんという突っ込みは、この手の臨床研究にはよくあることなので無視します。

このクリニカルアタッチメントレベルという値は、数値が大きければ大きいほど歯周組織が回復したことを意味します(とても大雑把な超解釈な超説明です)。

まあ、論文のタイトルをみたときから結果は見えていたんですが(誰も好き好んでネガティブテーマにしようとは思わないはずですし)。ただ、この著者のTonetti(トネッティ)先生の研究方法(研究プロトコル)は結構しっかりしているので説得力はあります。ちなみに論文中にGTR膜の露出とありますが、インタープロキシマルタイプ(歯と歯の間を覆うタイプの膜)の膜の露出率としてはとても低い数字だと個人的には思いました(なぜって?それは秘密です)。このタイプの膜の露出は、手術失敗という意味ではありませんので念のため。

そーいや、ブックファーストをのぞいていたら子どもが大好きな番組「がおがおぶー」が絵本になっていたので、お土産に買ってしまいました。 知りません? なぜー、どーしてー、がおがお、ぶーーー!っての。なんであんなの好きなんだろ???

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

追記
さて、次回からムシバについて考えてみましょう。ただし、気が向いたら。