武田歯科医院 - 埼玉県川越市 :: 川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

武田歯科医院

川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

電話番号 049-248-4618

ムシバ治療 歯周病治療 歯周審美形成外科 入れ歯 インプラント こども歯科

2009年04月30日 エナメルマトリックスデリバティブ その4

「エナメルマトリックスデリバティブ、アメロジェニン、 および血小板由来成長因子-BBに対する ヒト歯周線維芽細胞の応答 」

Human Periodontal Fibroblast Response to Enamel Matrix Derivative, Amelogenin, and Platelet-Derived Growth Factor-BB

Chong CH, Carnes DL, Moritz AJ, Oates T, Ryu OH,§Simmer J and Cochran DL
Journal of Periodontology, 2006, 77, 1242-1252

最後の名前の著者は、例によってテキサス大学歯周病科の教授のコクラン先生であります。この論文の全体的な実験系(実験の大まかな仕組みとでもいうか)については、正直いいますと、少々難があるかなという感じなのですが、その後の続報では、タンパク質の電気泳動解析(いわゆるウェスタンブロットのようなこと)を行っているのでいいかなとも思います。小出しのデーターで論文を何報もつくるのは、臨床の研究もやらなきゃだしーで忙しいからなんだろうなとも感じますし。既知の物質を使ったふりかけ実験を行っている時点でアメリカ歯周病学会誌以外の雑誌に投稿するなど(速報ならばBBRCという雑誌などもありなのですが)は難しいでしょうし(まぁ、本人らも望んではいないでしょうし)。

ここでのイントロに書かれているアメロジェニン(アメロゲニンと表記すべきなのかもしれませんが、すでにアメロジェニンと書いてしまったのでお許しください。)についての説明は以下の通り。

アメロジェニンは、アメロブラストという細胞により産生される25 kDa(キロダルトンと呼んでください。タンパク質の大きさのことです)以下のエナメル基質タンパク質でです。本タンパク質は、産生されるとすみやかに20 kDa以下に分解し、より安定性の高い分子となります。アメロジェニンはエナメル結晶間に存在することから、エナメル質の発達の段階で、エナメル質構造の骨格形成に働くことが示唆されています。アメロジェニンは、EMDの主要な構成要素であることから、EMDの歯周組織再生を担う分子であると考えられています。

解説すると、アメロジェニンという名前とその構造は共通していても、いろいろな大きさがあるわけです。小さな小さなアメロジェニンという粒は、その周囲に結晶をつくって次第に大きなエナメル質となるための、最初の核の役割としてはたらくのです。

そして次の文につづきます。
EMDは臨床的に明らかな歯周組織再生能を有しているにも関わらず、どうやって歯周組織再生のメカニズムに働くかは不明なのです。また、EMDの主要な構成要素であるアメロジェニンの生物学的有効性(有用性)についても検討する必要があると考えます。

解説すると、EMDは、臨床的には歯周組織再生にはたらくのである、と使用した歯科医師は言っているのですが、なぜEMDが効果があるのかという詳細な仕組みについては、あまりわかっていなかったのです。(昨日のブログにも書きましたが、うろ覚えのソースを探しているところなのですが)なんせ、事の発想が歯周組織形成期(すなわち歯がつくられて生えてくる時期とでもいうか)をアメロジェニンが存在することによって模倣することができる、という説から来ているもので。

結論からいいますと、現在ではEMDによる歯周組織再生効果はアメロジェニンによるものではないという意見が強いようです。

ただ、エナメル質形成の核となるという役割と、生物活性の有無については別問題としてとらえる必要はあると思います。

そもそもアメロジェニンをリガンドとした受容体ってあるんですかね?ググレカスですか?

読者はついて来れるのだろうか?何はともあれ次回に続く。

まったく論文には関係ないのですが、我が家では私が味噌汁を作ることが多いのですが、だしをとるのが面倒なので、下のようなものをつかってみましたら、あれ簡単。いかんですねー。でもお勧めですよ。

カテゴリー: EMD, 武田歯科医院新聞