武田歯科医院 - 埼玉県川越市 :: 川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

武田歯科医院

川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

電話番号 049-248-4618

ムシバ治療 歯周病治療 歯周審美形成外科 入れ歯 インプラント こども歯科

2009年04月22日 インプラント用語 1ピース2ピース

インプラントには1ピースタイプと2ピースタイプとがあります。

広く使われているのは2ピースタイプのインプラントです。これは骨に埋入するパーツと人工歯冠のパーツの2つに分かれます。もともとインプラントは2回法で埋入する術式をとり、インプラントを埋めた後、傷口を閉鎖して3~4か月安静にしておく必要があるためです。

1ピースタイプのインプラントとは、骨に埋入する部分と人工歯冠となる部分とが一体になっているものをいいます。このタイプのインプラントは埋入後、傷口を完全閉鎖することができません。というより、もともと傷口を完全に閉鎖することを目的としているわけではなく、2回目の手術を省略することを目的のひとつとしています。

ちなみに私は1ピースタイプのインプラントは使ったことはありません。

トランスファー(インプラントの延長ネジ)って、削ると火花がでるんですよ。ちょっとびっくりします。