武田歯科医院 - 埼玉県川越市 :: 川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

武田歯科医院

川越駅西口降りてすぐの歯科。ムシバ、歯周病の治療、入れ歯、インプラント、子供歯科。各種保険適応、お気軽にご来院ください。

電話番号 049-248-4618

ムシバ治療 歯周病治療 歯周審美形成外科 入れ歯 インプラント こども歯科

2009年04月22日 インプラント 今昔物語その5(実質その4)

インプラントの種類にどういう意味があるのでしょうかというテーマでの論文紹介が、「今昔物語 その4」の途中から用語説明で止まっていたので、その続きから。

「チタン製インプラント周囲の骨頂部の変化
~イヌの下顎における非荷重の歯肉貫通法および歯肉下埋入法インプラントの組織学的評価~」
Crestal bone changes around titanium implants
~A histometric evaluation of unloaded non-submerged and submerged implants in the canine mandible~ J. Periodontol. 2000 71(9):1412-24

Hermann JS, Buser D, Schenk RK, Cochran DL

この著者のBuser(ブーザー)先生はスイスの先生で、Buser切開という切開法で有名です。Cochran(コクラン)先生は、テキサス大学歯周病学講座の教授です。テキサス大学に明海大学の学生さんを引率して行ったときに1回だけ名刺交換したのですが、私のことは絶対覚えてくれてはいないでしょう。
このリンクの写真の後ろの方に小さく私の頭が見えます。

開発されてからしばらくの間のインプラントというのは、ネジ山がきってあるだけのツルツルの表面をしたものでした(いわゆるネジ)。その当時のインプラント治療の成功基準は、人工歯冠(アバットメント)を装着後1年以内の骨吸収が1.5 mm以下か、咬みあわせてから1年以降の骨吸収が0.2 mm以下であることとされておりました。もちろん、現在でもこの基準はゴールドスタンダードとなっております。しかし、今でこそインプラントは有歯顎者(歯の残っている人)に多く適応されている治療法ですが、当時は無歯顎者(全く歯の残っていない人)の下顎前歯部への適応ばかりでした。そのため、昔のインプラントの研究報告は、今からみると古くなってしまいました。

そこで、Buser先生とCochran先生は、現在流通しているタイプのインプラントについて、その種類と術式別に研究することを思いつきました。

話しがややこしくなるので、ここからの登場人物ならぬ登場するインプラントの種類を以下に示します。

1ピースタイプのインプラント
2ピースタイプのインプラント

ツルツル表面(機械研磨表面)のインプラント
ザラザラ表面のインプラント

1回法で埋入されたインプラント
2回法で埋入されたインプラント

この論文で使用している表面がザラザラのインプラントとは、ITIインプラントと呼ばれる種類のインプラントで、Sand-blasted,Large grid,Acid-etched(SLA)処理された表面を持つインプラントのことです。

5頭のフォックスハウンド(2歳,雄)という犬の下顎の歯を抜歯し,特別に作った6種類のインプラントを無作為に各10本埋入しました。実験期間終了後、インプラント周囲の組織を非脱灰切片を作成し、顕微鏡下で各測定値を計測したそうです。統計処理には、Student t 検定(ここは突っ込むところなのですが、あえて省略します)とF 検定を行いました。

フォックスハウンドは高さが60cmくらいの犬です。あまり日本では見かけないのですが、ラブと同じくらいの大きさです。

6種類のインプラントの内訳は、インプラントの上部数ミリがツルツル表面でそこから下はザラザラという2種類の表面を併せ持つものを作り、それぞれ1ピースあり2ピースありで作製し、骨に埋入する深さにもバリエーションを与えました。

ちなみに、現在リアルで使用されているほとんどのインプラントが上部数ミリがツルツル表面でそこから下はザラザラ表面です。これは、上から下までザラザラ表面のインプラントでは、歯垢がつきまくって大変だからなのだと思います。反対に、全部ツルツル表面だと骨がくっつきにくくなります。

結果は、1回法かつ1ピースタイプのインプラントでは、骨の吸収(下がり)がツルツル表面とザラザラ表面の境界から下(つまりザラザラ表面より下)には骨の吸収は見られませんでした。他の2ピースの実験条件では、どんな埋入条件でも2ピースに分かれる結合部付近あるいはそれ以上に骨が吸収していました。
つまり、インプラントを埋入後の骨の吸収は、2ピースインプラントの結合界面が原因であることがわかり、ザラザラ表面はインプラントと骨が密にくっつくには非常に有効であることがわかりました(正確には、示唆されました)。

この理由として彼らが考えたのは、2ピースなのでインプラントのネジの付け外しの力により骨が吸収するのではないかとか、結合部にバイ菌が入るせいではないかなどと推測しました。
この結果から考えると、1回法で1ピースタイプのインプラントが一番良いように思えます。しかし、1ピースタイプでは人工歯冠の付け替えが困難になりますし、2ピースタイプのインプラントでも骨の下がりは1 mmくらいです。それくらいではインプラントはびくともしません。要は、なにを捨て何を得るかの違いです。両者とも利点欠点がありますし、あくまで実験結果からの考察です。

いかがでしたでしょうか。ひょっとしたら論文2つ目でブログが頓挫するところでした。終りのわからないお話しほど嫌なものはないですよね。

ガラスの仮面 43 ふたりの阿古夜 2 (花とゆめCOMICS)

著者/訳者:美内 すずえ

出版社:白泉社( 2009-01 )

定価:

Amazon価格:¥ 4,753

コミック ( 189 ページ )

ISBN-10 : 4592170032

ISBN-13 : 9784592170037